2019年 11月 12日 (火)

富士山頂、ご来光時に約1500人が集結 もし「水蒸気爆発」が起きたら・・・

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   噴火の恐れがあるのは、活火山の1つである富士山も例外ではない。夏の登山シーズンに今回のような水蒸気爆発が起きたら、どれだけの被害が想定されるのだろうか。

   長野、岐阜県境にある御嶽山の噴火で、報道によると、山頂付近にいた登山者のうち死亡が確認されたのは、2014年9月30日夕までに12人に上った。なお、心肺停止のまま24人が火山灰の中に倒れているとされている。

御嶽山の山頂には約200人がいたが...

もし富士山頂だったら...
もし富士山頂だったら...

   水蒸気爆発が起きたときは、目撃情報によると、山頂に約200人の登山者がいたという。近くの山小屋に避難して無事だった人もいるが、火山弾が降り注ぐ中で逃げ遅れた人も多かったらしい。行方不明が40人超との情報もあり、さらに犠牲者が増える恐れもある。

   今回は、9月上旬に火山性微動が確認されたものの、噴火を予知することはできなかった。専門家によると、マグマの噴出と違って、地下水がマグマの熱で膨張して起きる水蒸気爆発の予知は難しいという。

   日本には、110の活火山があり、そのうち気象庁が24時間監視している火山は47ある。富士山もその1つだ。1707年の宝永噴火から約300年も沈黙しており、いつ噴火してもおかしくないとされている。

   富士山は、7~9月が登山シーズンで、多いときは1日に1万人ほどが訪れている。そこで、もし山頂付近でふいに水蒸気爆発があったとすると、被害はどれくらいになるのか。

   御嶽山は、9、10月の紅葉シーズンに、多いときは1日に5000人ほどが詰めかけるといい、富士山の方が倍ぐらい多い。とすると、被害もそのぐらい増える可能性もあるが、場合によってはもっと深刻な状況になりそうなのだ。

   山梨県の富士山保全推進課が14年のお盆時期に、山頂に集まる登山者数を調べたところ、8月19日早朝のご来光時に、1450人もいることが確認できた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中