PL学園野球部「廃部」の危機か 新入部員募集せず

印刷

   高校野球の名門、PL学園(大阪府)野球部が2015年度の新入部員を受け入れないことになったと、NHKなど複数のメディアが2014年10月11日に報じた。同校では2013年、野球部の上級生による下級生への暴力行為が発覚して監督が辞任し、以後は監督不在の状態が続いている。

   2014年夏の大阪大会では、校長が監督登録して決勝まで進んだ。秋の近畿地区大会の出場権も得ている。だが、部員に指導する正規の監督が決まらないままの状態が続いているという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中