2018年 11月 22日 (木)

パロディーだらけの「地獄先生ぬ~べ~」 「原作無視では」と視聴者から非難轟々だが...

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   マンガ原作のテレビドラマ「地獄先生ぬ~べ~」(日本テレビ系)が2014年10月11日、スタートした。放送開始前から話題を呼んでいたが、始まってみると、想像以上に視聴者のイメージとは異なるものだったようだ。

   設定が大きく変わったうえ、ドラマオリジナルのセリフも多く、原作やアニメ版のファンからは「原作無視するならオリジナルでやれば」「役者にあわせて原作を改変している」などと批判が出ている。

ファン「ぬ~べ~である必要性がない!」

イメージと違う?(写真は「MOCO'Sキッチン」番組ページ)
イメージと違う?(写真は「MOCO'Sキッチン」番組ページ)

   この「ぬ~べ~」、霊能力を持つ主人公、鵺野鳴介(ぬえの・めいすけ、通称ぬ~べ~)が高校教師(原作は小学校)になるほか、ヒロインの雪女「ゆきめ」を元「KARA」の知英さん(20)が演じるなど、放送開始前から原作イメージの崩壊を心配する声が出ていた。

   そんな中で迎えた初回放送では、随所にパロディーが登場した。映画「アナと雪の女王」の主題歌「Let It Go~ありのままで~」を合唱するシーンや、テニスウェア姿の鵺野が松岡修造さんのように「先生と一緒に汗をかこう!」と呼びかける場面、「妖怪ウォッチ」に触れる一幕もあった。

   極めつけは料理番組「MOCO'S(モコズ)キッチン」のセルフパロディーだ。家庭科教師の玉藻京介(たまも・きょうすけ)役の速水もこみちさん(30)が、朝の情報番組「ZIP!」よろしく、あざやかにキャベツを千切りし、惜しげもなくオリーブオイルをぶちまけた。

   高校教師の「ぬ~べ~」、ドヤ顔で調理する「玉藻」、カタコトの「ゆきめ」――こうした要素から、「これは『ぬ~べ~』ではない」と判断した視聴者は多いようだ。ツイッターでは、

「ぬ~べ~である必要性がない!」
「原作好きだから原作無視とあの謎テンションのせいで本当に見てられなかった。話題性があって視聴率稼げるものを作れないからネームバリューに頼るんだろうけど、原作無視するならオリジナルでやればいいのに」
「ドラマ版『ぬ~べ~』の悪い点は『役者の芸風に合わせて原作を改悪してるトコ』だ。原作に合わせて役者を決めてるんじゃなく、出演役者の芸風に合わせて原作の内容・設定・キャラを改変してる」

などという声が出ている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中