2019年 5月 26日 (日)

トルコリラや豪ドル、安値圏新興国通貨は買いなのか FX「スワップ」狙いでじっくり待つやり方もある 

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   オーストラリア(豪)ドルやニュージーランド(NZ)ドル、南アフリカランド、トルコリラといった新興国通貨が、外国為替証拠金(FX)取引に投資する投資家のあいだで注目されている。

   FXに投資する投資家の多くは、情報が入手しやすい米ドルやユーロへの投資に積極的だ。しかし、FX取引で得られる利益の一つである「スワップ」を狙っていくのも一つのやり方。たとえ為替差損が発生しても、じっくり待てばプラスになる可能性があるのだ。

スワップとは、2つの通貨の金利差相当額のこと

   FX取引で得られる利益の一つに、「スワップ」がある。スワップとは、2つの通貨の金利差相当額のこと。通貨にはそれぞれの国が定めた政策金利がある。たとえば日本の金利を年0.1%とすると、1年間保有すれば0.1%の利子が付く。一方、豪州の政策金利は2.50%。日本と豪州の金利差は2.40%だ。

   FXでは低金利の通貨を売って高金利の通貨を買い、そのポジションを維持すると、維持したポジション金額と期間分のスワップを受け取ることができる。

   たとえば、豪ドルを100万円で1万豪ドル買った場合、スワップが1万豪ドルあたり1日50円だったとすると、仮に1年間スワップが変わらなければ、1万8250円を受け取ることができるわけだ。

   FX取引といえば、売買益に目を奪われがちだが、スワップ戦略はじっくりと続けられるFX取引ということらしい。マネースクウェア・ジャパン チーフストラテジストの貴堂素明氏は、「これもFXを利用した資産運用の一つのやり方です」と話す。

   ただし、スワップは投資家側が損することもある。低金利の通貨を売って高金利の通貨を買えば、その金利差がもらえるが、逆に高金利の通貨を売って低金利の通貨を買い、そのポジションを持っているとスワップを毎日支払わなくてはならない。たとえば、現在の金利情勢では、外貨を売りから入って円を買った場合には、スワップを支払うことになる。

   また、スワップはFX業者によっても微妙に違う。同じ通貨ペアでも、A社は40円だが、B社は50円といった具合だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中