小渕経産相、辞表提出 臨時代理に高市総務相

印刷

   小渕優子経済産業相は2014年10月20日朝、首相官邸を訪れて安倍晋三首相に辞表を提出した。安倍首相は辞表を受理し、臨時代理には高市早苗総務相をあてる。

   小渕氏は自らの政治団体が後援会関係者向けに開いた観劇会の収支が大きく食い違っている問題で原因調査を進めてきたが、十分な説明は困難だと判断した模様だ。小渕氏をめぐっては、週末にかけて与党内でも辞任論が強まっていた。安倍首相は今後、後任人事に入る。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中