2019年 3月 20日 (水)

アグネス中傷書き込みで謝罪した男性 拉致問題でテレビに出た「論客」だった

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   ネット上で批判を受けることも多い香港出身のアグネス・チャンさん(59)をめぐる動きが、新たな局面を迎えつつある。アグネスさんは名誉棄損や著作権侵害とみなした書き込みについて、プロバイダーに対して発信者情報開示を請求し、書き込んだ男性を特定した。

   男性は拉致問題に関連してテレビでコメントするほどの「大物」だが、ブログに謝罪文を掲載し「平謝り」だ。この件についてアグネスさん側は告訴を見送ったが、他のプロバイダーにも発信者情報の開示を求めており、影響が広がりそうだ。

他人のブログ、メルマガ、フェイスブックの書き込みを転載

ブログへの書き込みが名誉棄損になることも...(写真はイメージ)
ブログへの書き込みが名誉棄損になることも...(写真はイメージ)

   アグネスさんは2014年10月23日、自らのブログに男性の謝罪文を男性の実名入りで掲載した。男性の謝罪文は9月23日付。アグネスさんのブログに掲載された謝罪文と同じ文章が、男性のブログにも10月3日に掲載されている。

   謝罪文によると、男性は他人のブログ、メルマガ、フェイスブックの書き込みを転載し、それに自らの意見を述べる形式でブログを書いていた。問題の書き込みはすでに削除されているが、「アグネスさんと日本ユニセフ協会が募金をピンハネしている」といった事実無根の情報を転載した上で、アグネスさんらを批判したようだ。

   問題とされたブログ記事は「楽天ブログ」と産経新聞の「イザ!」ブログに12年11月頃に掲載された。アグネスさん側の名誉棄損の申し立てを受け、楽天ブログは14年1月に楽天の判断で閉鎖された。男性はこのブログを廃止しようと考えていたこともあって、特に閉鎖された理由を楽天側に確認しなかったという。楽天は1月24日に、名誉棄損の申し立てが行われていることを知らせる「照会書」をメールで送っていたが、迷惑メールにまぎれてしまったのか、男性はメールに気付かなかった。7月28日になって「照会書」が郵送されてきて、男性は初めて事態の重大さに気づいたというわけだ。

   「イザ!」は産経新聞が14年4月にブログサービスを終了し、自動的に書き込みも消えている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中