スマートフォンの契約数がガラケーを初めて抜く

印刷

   スマートフォンの契約数が2014年9月末で携帯電話端末契約数比率50.3%となり初めて過半数を突破した。調査会社のMM総研が14年10月23日に発表した。

   14年9月末の携帯電話端末契約数(PHS、タブレット端末、データ通信カード、通信モジュールは含まない)は1億2424万件で、うちスマートフォン契約数は6248万件、フィーチャーフォンは6176万件となった。14年3月末からの半年間でスマートフォンは514万件増加、フィーチャーフォンは292万件減少した。またMM総研が14年9月に実施したユーザー調査では、個人名義で利用するスマートフォンの所有状況は48.5%、フィーチャーフォンは41.1%となった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中