2018年 8月 16日 (木)

「大阪都構想の住民投票の是非問う投票をしたい」 橋下市長が考え示す

印刷

   大阪維新の会代表の橋下徹大阪市長は2014年10月23日、大阪都構想の是非を問う住民投票を実施すべきかどうか別の住民投票を行うための条例案を市議会に提出する考えを示した。新聞各紙が報じた。

   報道によると、橋下氏は、こう着状態を脱するには民意を問うしかないとして、12月市議会の会期末までに条例案を出したいとした。橋下氏は、その狙いについて、「住民が住民投票で決めたいと意思表示をすれば、議会も承認せざるを得なくなる」と説明した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中