福島県知事選、前副知事の内堀雅雄氏が当選

印刷

   東日本震災と東京電力福島第1原発事故後初となる福島県知事選は2014年10月26日投開票され、無所属新人で前副知事の内堀雅雄氏(50)が新人5人を破って初当選した。今期限りでの引退を表明している佐藤雄平知事(66)は内堀氏を後継指名しており、自民、公明、民主、維新、社民各党が支持を表明していた。自民県連は当初は独自候補の擁立を目指していたが断念し、内堀氏に相乗りしていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中