橋下氏提唱の大阪都構想を否決 大阪市と大阪府の議会

印刷

   橋下徹市長が提唱する大阪都構想について、大阪市議会は2014年10月27日の本会議で、制度案となる協定書を「不備がある」として公明、自民両党などの反対多数で否決した。大阪府議会の本会議でもこの日、協定書を否決した。

   これに対し、橋下市長は協定書の再提出を明らかにした。議会の議決を経ない専決処分に踏み切ることも示唆しており、松井一郎府知事も同様の考えを示している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中