2018年 7月 19日 (木)

加護亜依、夫の出頭を報告し、謝罪 「引退も選択肢の1つとして含め考えております」

印刷

   元「モーニング娘。」でタレントの加護亜依さん(26)が2014年10月28日、会社役員を務める夫(47)が違法な金利で金を貸した出資法違反(高金利)の容疑で警視庁に逮捕状をとられていることについてブログで謝罪した。

   同時に今後どうしていくのか、揺れる思いも綴っている。

「自分を見つめ直す機会を神様が与えてくれた」

芸能界引退を示唆した加護さん
芸能界引退を示唆した加護さん

   「主人の件でファンの皆様を始め、関係者の方々に対し、お騒がせした事、ご迷惑をおかけしました事を深くお詫び申し上げます」と謝罪の言葉で切り出した加護さん。今回の一件については「先週の報道」で知ったという。

   日刊スポーツの報道によると13年9月ごろ、加護さんの夫は都内に住む知人男性に約250万円を貸し付け、法定金利以上の不正な利益を得たという。警視庁が出資法違反の疑いで逮捕状をとり、行方を追っていた。

   加護さんは「私には内容や詳細は判りません」と話し、「先程、真実をハッキリさせて来るという事で、出頭致しました」と逮捕状の出ていた夫が出頭したことを明らかにした。

   「今まで何度もハードルがあり、何かを代償にしながらまた、ハードルを倒しながら前に進んできました。うまく越えられた事は、まだ無いかもしれません」と過去を振り返りながら、「自分を見つめ直す機会を神様が与えてくれたと信じ、Girls Beat!!としてのユニット活動も含め、今後どうしていくかを考えております」と未だ自分の中で結論が出ていないことを匂わせた。

   今後の活動については「ファンの方々、関係者の方々、メンバーに心配や迷惑をかけられない」という思いを持っていながらも、「芸能しか知りませんし、再起して芸能をやっていきたい気持もあります」と明かす。

   「これから活動を続けたとしてもどんな意見があるかもわかりませんし、今後の生活の事も考えないといけません」とした。

   ブログの最後には「引退も選択肢の1つとして含め考えております」と明かした上で、「もう少し時間を頂ければ」と語っている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中