富山の「不二越」に1億5000万円賠償命令 韓国の女子挺身隊訴訟

印刷

   戦時中に女子挺身隊として強制労働させられたとして、韓国人女性13人と死亡した4人の遺族らが慰謝料を求めた訴訟で、ソウル中央地裁は2014年10月30日、富山市の機械メーカー「不二越」に計約15億ウォン(約1億5000万円)の支払いを命じる判決を言い渡した。新聞各紙が報じた。

   報道によると、ソウル中央地裁は、「劣悪な環境で危険な労働に従事させた反人道的な行為」などと判決理由を述べた。なお、日本政府は、賠償問題は1965年の日韓請求権協定で解決済みだとの立場を取っている。不二越では、控訴する意向を示している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中