「生まれ変わっても日本人」が83% 国民性調査

印刷

   文部科学省所管の統計数理研究所は2014年10月30日、全国の成人を対象に5年ごとに行っている「日本人の国民性調査」の結果を発表した。

   「生まれ変わって、再び日本人になりたい」と考えている人は83%で5年前の前回調査から6ポイント増加した。年齢が上がるにつれてそう思う傾向が強くなり、20代と70代以上を比べると、男性で11ポイント、女性で22ポイントの差があった。

   一方、「努力しても報われない」と考えている人は前回調査から9ポイント増加し、26%になった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中