2018年 10月 17日 (水)

バンダイナムコ、「妖怪ウォッチ」で業績予想を上方修正 15年3月期

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   バンダイナムコホールディングスは、人気ゲーム・アニメ「妖怪ウォッチ」の関連グッズの売り上げ増がけん引し、2015年3月期の連結業績予想を上方修正した。14年11月6日に発表した。売上高は5000億円から5200億円(前期比2.4%増)に、営業利益は450億円から500億円(同11.9%増)にそれぞれ引き上げた。

   「妖怪ウォッチ」関連の売り上げ見通しを、8月時点の150億円程度から400億円に引き上げたほか、「機動戦士ガンダム」も堅調で関連グッズの売上高は前期の184億円から220億円に伸びる。通期の営業利益で、最高益を更新する見通し。

   なお、14年4~9月期連結決算は、「妖怪ウォッチ」の関連グッズの売り上げが伸び、純利益が前年同期比8%増の212億円と、この期の最高益を更新した。

宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...