2018年 12月 11日 (火)

米国の最重要パートナーは「日本」 外務省世論調査、中国を抜く

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   外務省は2014年11月7日、「米国における対日世論調査」の結果を発表した。この調査は7月31日から8月21日まで、ニールセンに委託して行われたもの。18歳以上の1003人を対象にした「一般の部」と、各界(政官財、学術、マスコミ、宗教、労働関係など)で指導的立場にある200人を対象にした「有識者の部」のそれぞれで電話調査を行った。

   対日信頼度は、一般が73%(13年は76%)、有識者が90%(93%)。アジアにおける米国の最重要パートナーはどこかとの問いでは、一般は「日本」46%(35%)が最も多く、次いで「中国」26%(39%)。有識者は「日本」58%(39%)、「中国」24%(43%)という結果に。09年以来初めて、「日本」が一般・有識者ともに1位となった。

   日米安全保障条約を「維持すべき」との回答は、一般81%(67%)、有識者85%(77%)と大幅アップ。その一方で、日本が防衛力を増強すべきかという問いでは、「増強すべき」が一般57%(64%)、有識者65%(72%)と低下している。

iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中