負傷の羽生選手、周囲が棄権させるべきだった? 為末大らスポーツ関係者らからも訴え

印刷

   2014年11月8日のフィギュアスケートグランプリシリーズ中国杯で、ソチ五輪金メダリストの羽生結弦選手(19)は、演技前のアクシデントで負傷するも自らの意志で再びリンクに立ち、満身創痍でフリー演技を終えた。

   鬼気迫る滑りは見る者の心を揺さぶった。しかし、脳振とうの疑いがあり、「棄権させるべきだったのでは」という声が相次いでいる。

コーチ「身体が一番大事なんだぞ」と強調

9日のエキシビションは欠場し、日本で精密検査を受けると報じられている(2014年4月撮影)
9日のエキシビションは欠場し、日本で精密検査を受けると報じられている(2014年4月撮影)

   アクシデントは男子フリー最終組の6分間練習中に発生した。スピードに乗った羽生選手が後ろ向きの滑走から前を向いた瞬間、中国のエン・カン選手と正面衝突。観客の悲鳴とともに2人は倒れ込んだ。顔面を激しく打ちつけてしまった羽生選手はなかなか起き上がれず、リンクに仰向けになったまま動けなくなった。

   救護スタッフに支えられながらリンクを去った羽生選手の頭部とあごからは血が流れていた。それでも羽生選手は頭に肌色の包帯を巻き、目に涙を浮かべながら再びリンクサイドに現れた。コーチのブライアン・オーサー氏の「もしここでリンクに上るのであれば落ち着いてゆっくりやりなさい。身体が一番だぞ」という言葉に頷き、公式練習を再開した。

   オーサー氏は「きみにしか状態は分からない。ヒーローになる必要はないんだ。身体が一番大事なんだぞ」と強調するも、羽生選手の出場の意志は固かった。本番は転倒を繰り返しながらも最後まで滑りきり、合計237.55点で2位に入った。報道などによれば、オーサー氏は終了後の会見で「羽生の意志はとても強かった。脳振とうなどの症状がないかを注意深く見て判断した」などと語ったという。

   驚異的な精神力でアクシデントを乗り越えた羽生選手の演技に、見守っていたファンたちからは「感動をありがとう」「泣いてしまった」といった声があがった。一方で、「棄権してほしかった」という声も多々出ている。

   テレビ朝日の中継番組にメーンキャスターとして出演していた松岡修造氏も「個人的な願いですが、はっきり言って滑るべきではないと思います」「アスリートとして本当にやめてほしいです」と主張した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中