安倍首相、年内の解散を否定 「全く考えていない」

印刷

   安倍晋三首相は2014年11月9日午前、年内の衆院解散・総選挙について「解散については全く考えていません」と述べた。羽田空港で記者団の質問に答えた。

   自民党内には、来年10月に予定されている消費税率10%への引き上げの是非を争点に、安倍首相が年内に衆院解散・総選挙に踏み切るとの見方があるが、この観測を否定した形だ。

   また、来年10月に予定されている消費税10%への引き上げについては、7月から9月のGDP成長率の速報値を見ながら、有権者の議論を踏まえて慎重に判断していきたいとした。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中