ATPツアーファイナル 錦織、初戦でビッグ4のマレーにストレート勝ち

印刷

   男子テニスのATPツアーファイナルが2014年11月9日にロンドンで開幕し、錦織圭は1次リーグ初戦でアンディー・マレー(英)に2-0のストレート勝ちで好発進を決めた。

   世界ランクこそ上回る錦織(5位)だが、ビッグ4の一角であるマレー(6位)はこれまで3戦全敗、1セットも奪ったことのない苦手な相手。しかし、リターンエースを決め、長いラリーを粘り強く戦うなど、序盤から優位に試合を進めて勝利した。

   ツアーファイナルは年間成績上位8人が4人ずつのグループに分かれて、上位2人が準決勝に進む。錦織はロジャー・フェデラー(スイス・2位)、ミロシュ・ラオニッチ(カナダ・8位)と同グループ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中