2019年 8月 18日 (日)

「牛角」「温野菜」・・・さらに、「かっぱ寿司」も傘下に 外食業界4位に浮上した「コロワイド」ってどんな会社?

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

   居酒屋「甘太郎」「北海道」などを展開するコロワイドが回転ずし「かっぱ寿司」を運営するカッパ・クリエイトホールディングス(HD)を買収する。2014年10月27日発表した。

   両社の連結売上高を合算すると約2400億円と、外食業界4位に浮上する。居酒屋市場が縮小する中、レストラン事業を拡大して生き残りを図る。

居酒屋からレストラン重視へ

閉塞感漂う外食業界に切り込む!(画像はコロワイドのホームページ)
閉塞感漂う外食業界に切り込む!(画像はコロワイドのホームページ)

   コロワイドは株主優待が充実した企業として、個人投資家の間では有名だが、一般にはあまり知られていない。社名は勇気(Courage)、愛(Love)、知恵(Wisdom)、決断(Decision)からとった造語だ。もともとは神奈川県逗子市の個人経営の飲食店で、1994年、現社名に変更した。

   1990年代までは居酒屋が中心だったが、2000年代以降はレストランを積極的に展開。比較的小規模な企業の買収を重ね、2012年に「牛角」「しゃぶしゃぶ温野菜」などを展開するレックス・ホールディングス(現レインズインターナショナル)を買収し、業界にその名をとどろかせた。さらにカッパHDが加わると、売上高はワタミや吉野家HDを上回り、牛丼「すき家」を運営するゼンショーHD、すかいらーく、日本マクドナルドHDに次ぐ規模になる。

   コロワイドの戦略の背景にあるのが居酒屋の先細りだ。市場規模で10倍以上大きいレストラン業態の拡大を目指す方針を掲げ、今回の買収で、目標としてきた売上高比率で「レストラン業態6割以上」を達成。焼き肉「牛角」など肉料理の比重が高かったが、回転ずしという魚中心の新たな業態を手に入れることで「食材比率が適切なバランスになり、一層の経営基盤の安定化に資する」と胸を張る。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中