2018年 10月 20日 (土)

「牛角」「温野菜」・・・さらに、「かっぱ寿司」も傘下に 外食業界4位に浮上した「コロワイド」ってどんな会社?

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   居酒屋「甘太郎」「北海道」などを展開するコロワイドが回転ずし「かっぱ寿司」を運営するカッパ・クリエイトホールディングス(HD)を買収する。2014年10月27日発表した。

   両社の連結売上高を合算すると約2400億円と、外食業界4位に浮上する。居酒屋市場が縮小する中、レストラン事業を拡大して生き残りを図る。

居酒屋からレストラン重視へ

閉塞感漂う外食業界に切り込む!(画像はコロワイドのホームページ)
閉塞感漂う外食業界に切り込む!(画像はコロワイドのホームページ)

   コロワイドは株主優待が充実した企業として、個人投資家の間では有名だが、一般にはあまり知られていない。社名は勇気(Courage)、愛(Love)、知恵(Wisdom)、決断(Decision)からとった造語だ。もともとは神奈川県逗子市の個人経営の飲食店で、1994年、現社名に変更した。

   1990年代までは居酒屋が中心だったが、2000年代以降はレストランを積極的に展開。比較的小規模な企業の買収を重ね、2012年に「牛角」「しゃぶしゃぶ温野菜」などを展開するレックス・ホールディングス(現レインズインターナショナル)を買収し、業界にその名をとどろかせた。さらにカッパHDが加わると、売上高はワタミや吉野家HDを上回り、牛丼「すき家」を運営するゼンショーHD、すかいらーく、日本マクドナルドHDに次ぐ規模になる。

   コロワイドの戦略の背景にあるのが居酒屋の先細りだ。市場規模で10倍以上大きいレストラン業態の拡大を目指す方針を掲げ、今回の買収で、目標としてきた売上高比率で「レストラン業態6割以上」を達成。焼き肉「牛角」など肉料理の比重が高かったが、回転ずしという魚中心の新たな業態を手に入れることで「食材比率が適切なバランスになり、一層の経営基盤の安定化に資する」と胸を張る。

居酒屋は市場が3割縮小

   居酒屋はそんなにひどい状況なのか?数字を見ると、確かに厳しい。食の安全・安心財団によると、「居酒屋・ビヤホール」の2013年の市場規模は1兆96億円と、ピークだった1992年から約3割縮小しているのだ。

   バブル崩壊による景気低迷に加え、若者のアルコール離れが響いたというのが理由と言う。また、近年は日高屋や餃子の王将など、料理もアルコールも手軽に楽しめる中華店が台頭。吉野家は手ごろな価格でアルコールとつまみを提供する「吉呑み」を展開して「ちょい飲み」需要を取り込む。スーパーやコンビニエンスストアも、総菜を充実させて「家飲み」需要の確保に躍起-―といった具合だ。

   一方、「食」が主体の飲食店の市場規模は12兆8000億円で、1990年代以降ほぼ横ばい。人口減少社会に入り成長市場とはいえないが、居酒屋に比べれば、まだ伸びる余地はある。

   コロワイドの野望は、国内だけにとどまらない。今後5年間で、東南アジアを中心に「牛角」「温野菜」など約450店舗を出店する計画だ。国内市場は行き詰まっても、海外に目を向ければ成長の可能性は広がる。日本食や日本式サービスは、海外でも人気が高い。日本よりはるかに成長率が高い新興国需要を取り込みたい考えだ。

   ただ、カッパHDは「スシロー」「くら寿司」などとの競争激化に苦しみ、2014年2月期まで2期連続で純損失を計上している。まずはカッパの業績を回復させ、足もとを固めることができるかが問われそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-salon.png
【初心者大歓迎】アナログゲームイベント開催決定!

脳の普段使わない部分が活性化される感覚を味わう。初めて会う人とも盛り上がり、ついつい声まででてしまう。そんなアナログゲームの楽しさを体験しに来てください!

PR 2018/10/19

姉妹サイト
    loading...