2018年 8月 17日 (金)

月刊「歴史読本」、季刊化へ 編集長「戦略的撤退と考えている」

印刷

   月刊歴史専門雑誌の「歴史読本」(KADOKAWA 中経出版)が2015年1月24日発売号をもって季刊化する。J-CASTニュースの取材に対し、「歴史読本」編集長の石井久恵さんが明らかにした。

   「歴史読本」は「日本で唯一の歴史総合雑誌」を標榜し、他のメディアや教科書で取り上げられないようなテーマから学会の最新動向まで幅広く歴史の今を伝えている。

   季刊化は「一言で言うと『戦略の転換』」と話す石井編集長。読者のほとんどが定期購読者となり、興味のある内容は「本で買う」場合が多くなってきた流れをうけ、季刊となった後は「人気のある時代、テーマ」に絞っていくという。

   一方、一時的な流行りや根強いファンがいるテーマも中、小クラスの特集として取り扱っていくという。「歴史読本」で扱えなかったテーマを取り上げる「別冊 歴史読本」の刊行も予定していると明かした。

   そして、季刊化をあくまで「戦略的撤退と考えている」と強く語った。「紙の時代が終わりを迎えつつある中、このままのやり方を続けていても先細りする。これから試行錯誤していく」とし、リニューアルすれば隔月、月刊として復活する可能性も残されていると話した。

   「KADOKAWAという大きな枠に入ったが、あまりお金にならないような『歴史読本』を残す決断をしてくれた上層部に感謝する」と語っている。

   季刊となった「歴史読本」第1号は15年4月6日に発売される予定。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中