2018年 8月 19日 (日)

舛添都知事、五輪3会場の建設中止を表明 2000億円の削減効果に

印刷

   2020年の東京五輪に向けて建設が予定されていた東京都内の3会場について、舛添要一都知事は2014年11月19日、都議会の特別委員会で建設を中止すると表明した。これで約2000億円のコスト削減になるという。

   建設を中止するのは、バドミントン、バスケ、セーリングの各会場。代替として、それぞれ調布市やさいたま市、江東区の会場を改修するなどして使用することを検討しているという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中