衆院解散に疑問呈する 小泉進次郎氏

印刷

   衆院が2014年11月21日に解散された。伊吹文明衆院議長が解散詔書を読み終えると、議場では「恒例」の万歳が起きたが、中には万歳をしなかった議員もいた。自民党の小泉進次郎氏もそのひとりだ。

   小泉氏は記者団に対して、「国民は、なぜ今解散なのか分からない。万歳することで、余計に国民との距離が遠ざかるのではないか」と理由を明かした。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中