維新の橋下代表、衆院選立候補見送り

印刷

   「維新の党」共同代表の橋下徹・大阪市長と幹事長の松井一郎・大阪府知事が、今回の衆院選(2014年12月2日公示、14日投開票)への立候補を見送る方針を表明した。11月23日に開かれた松井氏の後援会の会合で、2人が明らかにした。大阪都構想の実現と15年春の統一地方選挙に専念するためとしている。

   橋下氏は大阪都構想を巡り公明党と激しく対立。公明党幹部が出馬を予定している選挙区に、松井知事とともに出馬を検討していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中