今年度の実質成長率、5年ぶりマイナスと予測 民間調査会社など

印刷

   経済成長率の見通しについて、民間の調査会社や金融機関など10社が2014度は5年ぶりのマイナスになると明らかにしたと、NHKが11月24日に報じた。

   それによると、4月に消費税率が上げられ、7~9月のGDP速報値の伸び率がマイナスとなったことから、成長率の見通しを9月の時点から下方修正した。物価の変動を除いた実質成長率は、前年度比でマイナス0.9~0.4%と試算されるという。一方、15年度については、消費税率10%への引き上げを1年半先送りしたことから、10社中7社が成長率の見通しを前年度比で0.7~2.5%のプラスと上方修正したとしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中