2018年 7月 20日 (金)

朋ちゃんとの破局はたかじんのせい? 遺言持ち出した竹田恒泰氏に「正当化しないで」の声

印刷

   明治天皇の玄孫で、その言動が度々話題になる竹田恒泰さんが、やしきたかじんさんから「歌姫はやめておけ」と遺言を受け取っていたことを2014年11月24日のブログで明らかにした。

   名前こそ出していないものの、かつて交際していた歌手の華原朋美さんについて書いたとものとみられ、ネットでは、「遺言メモのせいにされても...」「正当化しないで」と疑問の声が出ている。

「二股かけといてそのいい訳はないわ」

たかじんさんの遺言を持ち出した竹田さん(画像は11年9月放送「J-CAST THE FRIDAY」出演時)
たかじんさんの遺言を持ち出した竹田さん(画像は11年9月放送「J-CAST THE FRIDAY」出演時)

   竹田さんはブログで「やしきたかじんさんは、生前、僕宛にメッセージを遺してくれていました」とし、番組出演者やスタッフにもメッセージが残されていたという。「大胆なイメージとは別に、とても繊細な面も持っていて」と故人の思い出を語り、「たかじんさんが僕に遺してくれたメッセージは、、、『歌姫はやめておけ』」と、その内容を明らかにした。

   しかし、この「遺言」の公表には少なからぬ批判が寄せられている。「二股かけといてそのいい訳はないわ」「全部故人のせいにしとけば楽でいいよな」といったものだ。

   もともと竹田さんと華原さんが知り合ったのは13年7月の番組共演がきっかけ。華原さんが竹田さんから熱心なアプローチがあったと『女性自身』のインタビューで語るなど、交際宣言こそなかったものの、その関係はかなりオープンだった。

   その後14年3月には2人の破局が明らかに。理由については華原さんが「やっぱり感覚が違った」と語ったとスポーツ紙などで報じられる一方、「FRIDAY」で元AKB48の畑山亜梨沙さんとの「二股交際疑惑」がスクープされた。

   当時も竹田さんには厳しい批判が寄せられたが、半年以上たったタイミングでまた華原さんとの破局話を蒸し返し、その一因を「たかじんの遺言」としたことについて、ネットでは

「故人の名前を使ってこの問題を蒸し返す理由って何なんだ?」
「この人も華原朋美の話題引っ張りすぎ!!」

などと非難する声が目立つ。

自分の二股を棚上げ?

   とくに、たかじんさんの遺言を持ち出したことへの批判は多く、

「死人を盾にすんな」
「どこまで死者を利用する気やねん?」
「自分の言葉でもない、発言の責任は故人とする訳ですよね 『卑怯』という言葉がまさに適切です」

と怒りを買っている。

   また、自身の「二股疑惑」を棚に上げているとも見なされ、

「で、『AKBにせい』って、たかじんさんがメッセージくれたの?」
「意味合いが違うと思います。貴方が彼女を幸せに出来ないと言う事です。正当化しないで」

と辛らつな意見も出ている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中