2022年 5月 27日 (金)

「いつまでも働かせてください」 坂上忍マネージャーが贈った感動の手紙、縦読みすると...

機能が進化した八角形ベゼル型"G-SHOCK"

   2014年11月24日放送の情報バラエティ番組「バイキング」(フジテレビ系)で、タレントの坂上忍さん(47)のマネージャーが坂上さんに贈った「メッセージ」が話題になっている。

   一見すると感動的な内容だが、「縦読み」に本音が隠されているとの憶測が広がっているのだ。

「普通だったらとっくにクビだと思う」

   この日の放送は「坂上忍が行くUSJスペシャル」と題し、MCの坂上さん、レギュラーの野々村真さん、サンドウィッチマンの2人がクリスマスムードに染まるユニバーサル・スタジオ・ジャパン(大阪府)の様子を紹介した。番組序盤では約1年前から坂上さんのマネージャーをしている路(みち)さん(30代男性)が登場。未だ「冷え切った」関係という2人に、USJで打ち解けてもらおうと企画されたものだった。

   坂上さんは「ガチで冷えきってるよ」「僕に話しかけることすらできない」などと路さんと上手くいっていないことを強調する。コミュニケーション下手は事実のようで、終始緊張した面持ちでおどおどしがちな路さんを睨みつけるシーンもあった。

   「普通だったらとっくにクビだと思う」とも言うが、それでもクビにしないのは「うちの場合は僕が声をかけて入社してもらったら、こっちからクビにすることはしないって決まり」だからだという。

   一方の路さんは最近失敗したことを聞かれると「全部失敗...」とつぶやく。それでも「逃げ出すのはあり」という坂上さんの言葉に「失敗ばかりなんで、それ(逃げ出すの)はどうしてもできないかなと思います」と返した。今後は坂上さんが面倒を見ている子役たちの指導やマネージメントをしたいとの目標も語った。

   問題の「メッセージ」が紹介されたのは、一行が最後に訪れたメーンイベントのクリスマスショーでのことだった。大切な人へのメッセージをステージ上に投影する「Joy of Lights」が始まると、一般来場者のメッセージに混じって野々村さんの娘や「サンドウィッチマン」富澤たけしさんによるサプライズメッセージが映し出された。そして最後には路さんによる次のメッセージが一行ずつ投影された。

「TO:忍さん
やっと今年も終わりますね
めいわくばかりで
たいした仕事もできませんが
いつまでも働かせてください
FROM:路」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中