2018年 10月 15日 (月)

東京の地下鉄143駅で無料Wi-Fi提供 12月1日スタート

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   東京都交通局と東京メトロは2014年12月1日から、訪日外国人の利用が多い地下鉄143駅で無料の公衆無線LAN「Wi-Fi」サービスの提供を開始する。

   対象となる駅は両社の全285駅のうち、新宿、銀座、六本木など143駅。Wi-Fi認証アプリ「Japan Connected-free Wi-Fi」の利用登録を1度行うだけで、誰でも無料Wi-Fiが使用できる。接続時間は1回につき最長3時間で、回数制限はない。なお、同アプリに登録すれば、すでにサービスを提供している都営バスや主要空港など約9万か所でも利用できるようになる。

   外国人旅行者からは以前からネットに接続できる場所が少なく不便だという声が寄せられており、2020年の東京オリンピック・パラリンピックを見据えて導入した。

ビジネスパーソン必修
保阪正康の考える「ありえた日本」とは? 特別講演を開催!

J-CASTニュースに「不可視の視点」を連載中の保阪正康さんを迎え、歴史にあえて「イフ(if)」を持ち込むことで、多様な角度から明治150年を読み解き、じっくり語る講演会です。 場所は東京・駒込にある東洋学の専門図書館「東洋文庫」にある「モリソン書庫」。圧倒的な書物に囲まれた空間で、アカデミックな夜のひとときを。

PR 2018/9/26

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...