2018年 8月 15日 (水)

東京の地下鉄143駅で無料Wi-Fi提供 12月1日スタート

印刷

   東京都交通局と東京メトロは2014年12月1日から、訪日外国人の利用が多い地下鉄143駅で無料の公衆無線LAN「Wi-Fi」サービスの提供を開始する。

   対象となる駅は両社の全285駅のうち、新宿、銀座、六本木など143駅。Wi-Fi認証アプリ「Japan Connected-free Wi-Fi」の利用登録を1度行うだけで、誰でも無料Wi-Fiが使用できる。接続時間は1回につき最長3時間で、回数制限はない。なお、同アプリに登録すれば、すでにサービスを提供している都営バスや主要空港など約9万か所でも利用できるようになる。

   外国人旅行者からは以前からネットに接続できる場所が少なく不便だという声が寄せられており、2020年の東京オリンピック・パラリンピックを見据えて導入した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中