2019年 1月 20日 (日)

やくみつる「日本人が期待する横綱ではない」 白鵬への突然の批判は大鵬に並んだ「妬み」?

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   横綱白鵬は日本人が期待する横綱像と離れている。土俵上の態度を改めるべきだ――漫画家で元相撲協会外部委員のやくみつるさん(55)のそんな解説が物議を醸している。

   白鵬は2014年11月23日の大相撲九州場所千秋楽で32度目の優勝を決めた。これは大鵬が持っている史上最多優勝記録に肩を並べる偉業であるにも拘らず、なぜか優勝を祝う一方、やくさんのように白鵬の土俵での態度を「横綱らしくない」などと批判する声が出ているのだ。ある専門家は「千代の富士を抜き大鵬と肩を並べたことへのやっかみが角界にあるからではないか」などと語っているが、本当なのだろうか。

立派な横綱だと尊敬されるためこれを機に改めていただきたい

また出た!「横綱の品格」問題(画像は白鵬のブログ)
また出た!「横綱の品格」問題(画像は白鵬のブログ)

   やくさんは白鵬が優勝を決めた直後からいろんなメディアで白鵬批判を展開してきた。14年11月24日放送のフジテレビ系ニュース番組「スーパーニュース」でこんなことを語った。優勝記録は素晴らしく、これから白鵬を超えるような横綱は生まれないかもしれないが、土俵上の態度は成績ほど備わっていない。宮城野部屋にも懸賞金の取り方が荒いからどうにかしてほしいという苦情の手紙も来ている。

「日本人が期待する横綱像とは悲しいかな離れてきている。立派な横綱だと尊敬されるためには、改めるべきはこれを機に改めていただきたい」

などと苦言を呈した。

   やくさんの言う土俵上の態度というのは、土俵の外に出て負けた対戦相手にダメ押しをしたり、懸賞金を片手で取るといった行為だ。スポーツジャーナリストの岡田忠さんは「白鵬は品のない横綱だ」と酷評する。相撲はスポーツだが古来独特の「相撲美」が必要なのに、土俵入りでは「節」がなく、スケジュール通りこなしているような感じだ。塩を取りに行く際にもゆっくり堂々と行かなければならないのに跳ねてまるでカエルのようだ。

「相手を突き飛ばすダメ押しは勝負に対する執念ともいえるが、武士の情けというか堪えることが大切で、土俵の外に出た相手を引き起こしてやるくらいでなければならない。しかもダメ押しで観客を危険に晒すことになる」

と岡田さんは説明する。日本相撲協会の横綱審議委員会も14年11月24日の定例会合で、 ダメ押しや懸賞金の受け取り方について

「委員から『態度が悪い』と批判が出た」

などと記者会見で話している。

   しかし腑に落ちない点もある。白鵬に対する土俵上の振る舞いについて批判が目立つようになったのは最近になってからであり、もともと白鵬は元横綱・朝青龍と比べられることが多く、真面目、優等生、日本に溶け込んだ横綱らしい横綱、などと讃えられていたはず。どうしてこんな評価になったのだろうか。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中