2022年 12月 6日 (火)

白票投票呼びかけるサイトがネットで話題 狙いも、運営元も分からないミステリー

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   この数日、「黙ってないで、NO!と言おう。」という名の、選挙での白票投票を呼びかけるサイトがネット上で話題を集めている。

   運営元や問い合わせ先などは明記されず、サイト末尾に「日本未来ネットワーク」と書かれているだけだ。いったい誰が、何のためにサイトを立ち上げたのか、現状ではまったく分からない。

「投票場に行って白票を投じましょう」

話題を集める「黙ってないで、NO!と言おう。」
話題を集める「黙ってないで、NO!と言おう。」

   サイトは「投票所に行って、何も書かない『白票』を投じるのは投票したい立候補者がいないという意思表示です。その1票にも、今の社会を変える力があります」と主張。その上で、

「入れたい人がいない、誰に入れていいのかわからない、支持する政党がない、政党は支持するが候補者を支持する気になれない、この思いを政治家たちに伝えましょう。その思いを込めて、投票場に行って白票を投じましょう。この誰にでもできる、簡単な1人ひとりの行為の積み上げが、国を動かす大きな声になります」

と白紙投票を訴えている。

   漫画も掲載され、当選した政治家が「まさかこれって私に対する不信任票?」と白票の多さに困惑する様子が描かれている。そのほか、ネット上にあるものを加工した画像なども散りばめられ、なかなか手の込んだ作りになっている。

   はたして誰が、いつ、何のために立ち上げたものなのか。

   「日本未来ネットワーク」をキーワード検索しても、このサイトに関するものばかりが表示され、どういう組織、団体なのかはまったく分からない。

   サイト立ち上げの時期については、何者かがドメイン「mirai-senkyo.com」を2014年11月13日ごろに取得したとみられ、安倍晋三首相が衆院解散を発表した18日よりも早く動きだしていたようだ。その一方、ツイッターアカウント「日本未来ネットワーク」が初めてツイートしたのは25日。この間にサイトが立ち上げられたとみられる。

   サイトでは特定の政党や候補者を支持したり、関係があることを示したりはしていない。しかし「アメリカのように2大政党が競り合うより、安定した与党が変革を重ねるほうが国民性に合っていると思われる日本」という記述があり、必ずしも政治的に中立な立場にこだわっている訳ではないようだ。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中