2018年 10月 16日 (火)

ネット流行語大賞2014年の金賞は「STAP細胞はありまぁす」

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   「ネット流行語大賞2014」が2014年12月1日に発表された。最も印象深かった金賞には理化学研究所の小保方晴子氏が記者会見で発した言葉「STAP細胞はありまぁす」が輝いた。

   2位の銀賞は元兵庫県議会議員の野々村竜太郎氏の号泣会見「ンァッ! ハッハッハッハー! この日本ンフンフンッハアアアアアアアアアアァン! アゥッアゥオゥウアアアアアアアアアアアアアアーゥアン! コノヒホンァゥァゥ......アー! 世の中を......ウッ......ガエダイ!」が獲得。3位の銅賞はお笑いコンビ・日本エレキテル連合のネタ「ダメよ~、ダメダメ!」が入った。4位以下は「ピストン矢口」「Let It Go/レリゴー(アナと雪の女王)」「どうして解散するんですか?」「ビットコイン」「壁ドン」「ものまねメイク(ざわちん)」「オマエは全然まな板のスゴさを分かってない/まな板にしようぜ」が続いた。

   この「ネット流行語大賞2014」は、東京産業新聞社のウエブサイト「ガジェット通信」が14年11月26日から30日にかけてネット投票を行って決定した。

ビジネスパーソン必修
保阪正康の考える「ありえた日本」とは? 特別講演を開催!

J-CASTニュースに「不可視の視点」を連載中の保阪正康さんを迎え、歴史にあえて「イフ(if)」を持ち込むことで、多様な角度から明治150年を読み解き、じっくり語る講演会です。 場所は東京・駒込にある東洋学の専門図書館「東洋文庫」にある「モリソン書庫」。圧倒的な書物に囲まれた空間で、アカデミックな夜のひとときを。

PR 2018/9/26

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...