2018年 11月 14日 (水)

「ワースト謝罪会見」、1位は小保方氏 「広報会議」ネット調査

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   広報・メディア対応の専門誌「広報会議」は2014年12月4日、14年の「ワースト謝罪会見」に関するアンケート結果を発表し、理化学研究所の小保方晴子氏のSTAP細胞をめぐる会見がワースト1位になった。

   アンケートは14年11月に全国の男女500人(20~80代)を対象にネット上で行われ、14年1~10月に発生した15事例のうち、印象に残った出来事を3つ選んでもらった。67.4%が小保方氏の会見を挙げ、号泣会見の野々村竜太郎元兵庫県議(47.6%)、ゴーストライター問題の佐村河内守氏(36.6%)が続いた。4~6位は企業がらみで、鶏肉の使用期限切れが問題になったマクドナルド(35.0%)、個人情報漏えいのベネッセコーポレーション(31.8%)、「吉田調書」「吉田証言」の朝日新聞社(25.6%)の順番だった。

   小保方氏の会見をめぐっては、

「科学研究の世界がこんなにもお粗末なシステムで動いているとは思わなかった」
「女性の活躍をアピールしたいという意図だったろうが、結果があまりにお粗末」

といった声が寄せられた。

転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

20181031_kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中