ローソンとポプラが資本業務提携 仕入れも共同で

印刷

   西日本を地盤とするコンビニのポプラと同大手のローソンは2014年12月8日、資本業務提携したと発表した。ローソンはポプラの発行済み株式総数の5%にあたる49万5300株を指摘する。取得金額は非公表だが、株価(12月8日の終値=583円)から計算すると約2億8900万円になる。業務提携では、商品の共同開発・仕入や、店舗開発情報の共有などを予定している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中