五輪競技、開催都市での実施を認める

印刷

   国際オリンピック委員会(IOC)は、2014年12月8日から始まった臨時総会で、コスト削減や環境への影響を理由に五輪競技を開催地以外で行う案を承認した。

   これにより2020年の東京五輪では、東京以外の都市での競技実施が認められるようになる。また2018年に韓国・平昌で開かれる冬季五輪では、財政難を理由に準備が遅れていることから、日本での「分散開催」が検討される可能性も出てきた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中