2018年 7月 19日 (木)

スカイマーク、ANAにもコードシェアで支援要請へ

印刷

   日本航空(JAL)と提携を目指しているスカイマークが、全日空(ANA)との提携も模索していることが2014年12月10日、明らかになった。スカイマーク便の座席の一部をJALが買い取って販売する、共同運航(コードシェア)と呼ばれる方式での提携が検討されている。JALがスカイマークを支援する形だが、JALが公的支援を受けて業績を回復させた経緯から、共同運航の許認可権を持つ国土交通省が難色を示している。そこで、スカイマークはANAともコードシェアすることで国土交通省の理解を得たい考え。

   スカイマークは同日午前、

「全日本空輸株式会社に対しても支援要請の検討をしていることは事実ですが、現時点で決定した事実はございません」

とするコメントを発表している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中