デーモン閣下の「ニセモノ」が無断で選挙運動 本人激怒、「首を洗って待っていてもらいたい」

印刷

   ロックバンド「聖飢魔Ⅱ」の元メンバーで歌手・タレントのデーモン閣下が2014年12月11日、自身の「ニセモノ」が選挙活動へ参加している件についてブログで触れた。

   ことの起こりは10日午後2時頃、ツイッターに投稿された一つの写真だ。広島7区から立候補した次世代の党・坂元大輔候補の選挙カーの車上で閣下らしき人物が手を振っている。顔の白塗りメイクやマントなどの衣装も忠実に再現され、思わず見間違えてしまいそうだ。しかし、閣下は毎週水曜日の午前11時から午後1時50分まで情報番組「ひるおび!」(TBS系)に生出演しており、当然この時間、広島にいなかったはず。

吾輩の姿形を模して公の場に登場した人物

「ホンモノ」は怒っている(画像はデーモン閣下の公式サイト)
「ホンモノ」は怒っている(画像はデーモン閣下の公式サイト)

   投稿者は「次世代の党さん? 有名人のコスプレを使うなら、ちゃんと偽物だと明記した方が良くないですか? 本物と勘違いした、ツイートがありますよ? おかしくないですか?活動として」とのメッセージを添え、警告した。

   ツイートは勢いよく拡散、投稿者は反響の大きさに驚き、「これは政党を批判するものではなく、活動の在り方はどうかと思い、書いたものです」と真意と説明した。

   しかし、騒動はここで収まらず、ついに閣下の耳にも届く。11日深夜、ブログで「吾輩は、今回の衆議院議員総選挙において、どこかの候補者の選挙カーに乗るようなことはいていない。吾輩には無断で行われた」と発表。さらに同日午前11時にブログを更新、「○○さんを支援しているのですか?」との問い合わせが多数自分のもとへ寄せられていると明かし、この行為を「成りすまし」「オレオレ詐欺的」と批判した。

   車上の人物は「吾輩の姿形を模して公の場に登場した人物(また、それを自分の喧伝に使った人物)」で、「(この人物が)もしも『ニセモノである』ことをはっきりささせていなかったとすれば、『あら、デーモンさんはこの人(または集団)を応援しているのね』と、本物だと思って...さまざまなその先の行動を生む」と説明した。

   自ら「世を忍ぶ仮の故郷」と話す広島県でこのような行為が発覚したことに「『本物』と誤解を生む可能性は大だ(それは作戦なのかも知れない)」とまで予測している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中