羽生結弦、グランプリファイナル日本男子初の2連覇 ケガ乗り越え快挙

印刷

   フィギュアスケートの羽生結弦選手(20)が2014年12月13日(現地時間)、スペイン・バルセロナで行われたフィギュアスケートのグランプリファイナル、男子シングルで優勝した。ショートプログラムで94.08点、フリープログラムで194.08点で、合計288.16点をマークして、日本男子初の2連覇を達成した。

   2位のハビエル・フェルナンデス(スペイン)の253.90点に大差をつけての優勝。なお無良祟人選手(23)は5位(235.37点)、町田樹選手(24)は6位(216.13点)に終わった。 羽生選手は11月8日、中国で行われた大会で他の選手とぶつかり負傷。28日からのNHK杯にはケガを押して出場し、4位でファイナルへ進出していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中