2018年 11月 15日 (木)

訪日外国人1~11月に1200万人超 最多は台湾、韓国2位、中国は8割増で3位

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   2014年1~11月に日本を訪れた外国人旅行者数(推計)が、前年同期比28.2%増の1217万7500人になったと、日本政府観光局(JNTO)が12月17日に発表した。1200万人を突破したのは初めて。円安の進行や短期滞在査証(ビザ)の発給要件の緩和、大型クルーズ船の寄港、消費税免税制度の拡充などが増加の背景で、JNTOは14年の訪日外国人は年間1300万人を超えるとみている。これまでの年間の最高は13年の1036万3900人。

   1~11月の国・地域別をみると、最多は台湾で27.0%増の261万7700人。2位は韓国で9.3%増の248万4400人。3位は中国で、82.2%増の221万9300人だった。

   一方、出国した日本人旅行者数は6か月連続で前年実績を下回り、長引く円安の影響が出ている。

   なお、11月単月は前年同月比39.1%増の116万8500人で、1964年の調査開始以来、11月としての最高を更新。単月の訪日外国人客数は9か月連続で100万人を突破した。

転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中