2020年 2月 21日 (金)

「9条にノーベル賞を」署名活動の韓国人識者 暗殺者安重根の思想を受け継ぐ、とサイトで言明

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   日本国憲法9条をノーベル平和賞に推そうと、韓国の識者らも署名活動を始めると明らかにしたが、そのサイト上で、「安重根の思想を受け継ぐ」とうたっていることが分かった。安重根は、日本の初代首相の伊藤博文を暗殺したことで知られるだけに、今後波紋が広がる可能性もある。

   署名活動は、神奈川県座間市在住の主婦(38)のアイデアを元にして2013年に始まり、報道によると、これまでに約40万人の署名を集めた。

「安倍首相が改憲するのをけん制する狙い」

韓国語でも署名が行われている
韓国語でも署名が行われている

   韓国語でもすでに署名が行われており、「憲法9条にノーベル平和賞を」実行委員会は14年12月9日、韓国・江原道などが主催する「非武装地帯(DMZ)平和賞」の特別賞を受賞するまでになった。

   そんな中で、韓国の識者らが18日、ソウルで会見し、実行委の韓国委員会として、15年度の平和賞受賞を目指すと宣言した。韓国委では、李洪九(イ・ホング)元首相が座長になり、韓国の元国会議長や元最高裁長官、学者、宗教家、文化人ら約50人が名を連ねている。

   韓国の大手紙「中央日報」などによると、鳩山由紀夫、村山富市両元首相、小沢一郎生活の党代表らと議論する中で、署名活動を始めることにしたという。

   報道によると、韓国でも署名活動を始めるのには、安倍晋三首相が改憲しようとしているのをけん制する狙いがある。会見では、安倍内閣の解釈改憲で9条が危機に晒されているとして、「朝鮮半島や東アジアの平和も脅かされる」と訴えた。さらに、日本の活動と連帯することになれば、「韓日関係を解きほぐす原動力にもなる」とも主張している。

   ノーベル賞を巡っては、韓国人の受賞者は、平和賞の故・金大中元大統領1人だけで、日本人が受賞するたびに韓国メディアが自国と比較するほどになっている。それだけに、韓国の識者らが日本の活動に協力するのは異例のことだ。

   とはいえ、日本へのわだかまりが消えた、ということではないらしい。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中