2018年 10月 18日 (木)

科学誌「サイエンス」が選ぶ「残念ニュース」にSTAP騒動

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   米科学誌「サイエンス」は2014年12月19日、今年1年で最も科学的な成果が上がったとする「ブレークスルー・オブ・ザ・イヤー」に、欧州宇宙機関の探査機「ロゼッタ」の彗星着陸が選ばれたとウェブサイト上で発表した。

   一方で、2014年の「残念ニュース」としては、エボラ出血熱の大流行を挙げた。さらに、理化学研究所の小保方晴子研究員(12月21日付で退職)による「STAP細胞」の発表とその後の論文取り下げなど、一連の騒動も選ばれた。

宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...