2018年 11月 19日 (月)

朝日新聞、第三者委報告書受け会見 経営、原則として記事に介入せず

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!
第三者委員会の報告書を受け会見する朝日新聞社の渡辺雅隆社長
第三者委員会の報告書を受け会見する朝日新聞社の渡辺雅隆社長

   朝日新聞社は2014年12月26日、従軍慰安婦問題をめぐる「吉田証言」の誤報に対して第三者委員会がまとめた最終報告に対する対応策を発表した。14年8月の検証記事で「おわび」が掲載されなかったことや、池上彰氏のコラム掲載見合わせに木村伊量(ただかず)前社長の意向が強く反映されていたことを反省し、経営陣は原則として記事や論説の内容に介入しないようにする。

   仮に経営に重大な影響を及ぼす事態だとして記事内容に関与する場合でも、その責任が明らかになるようにルールを整備したり、社外の有識者でつくる常設機関を設けて事前に意見を求めるなどする。

   誤報が出た際の訂正のあり方についても議論を進める。12月9日からは、訂正記事の末尾に「訂正しておわびします」という表現を盛り込み、必要に応じて誤報が出た理由も説明するように運用を変更している。

   都内のホテルで会見した渡辺雅隆社長は

「社会の役に立つメディアとして、再び信頼していただけるように、改革に取り組みます」

などと述べた。

転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中