「ウィンドウズ7」延長サポート、2020年1月14日まで

印刷

   2009年に発売された米マイクロソフトの基本ソフト(OS)「ウィンドウズ7」について、発売後5年間受けられる「メインストリームサポート」が2015年1月13日に終了する。マイクロソフトが1月6日までに、ウェブサイト上で注意喚起した。

   今後は2020年1月14日まで、延長サポートが提供される。セキュリティー更新プログラムのサポートは継続するが、仕様変更、新機能のリクエストや無償サポートは受けられなくなる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中