2018年 7月 23日 (月)

フランスの新聞社に銃撃、記者ら12人死亡 イスラム過激派の犯行か

印刷

   フランス・パリの新聞社「シャルリ・エブド」に2015年1月7日夜、武装した男3人が押し入って銃を乱射し、記者や警察官ら12人が死亡したと、各メディアが報じた。けが人も8人出ている。被害者に日本人がいるという情報は今のところないという。男らは車で逃走したが、18歳の男1人が出頭し、警察が残る2人の行方を追っている。

   報道によると、新聞の7日付紙面では、「若者はジハードを好む」と題してイスラム教の聖戦を風刺する漫画が掲載されていた。これに対し、襲撃した男らは「預言者の敵討ちだ」と叫んでいたという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中