2018年 7月 18日 (水)

最も売れた新車、14年はダイハツの軽自動車「タント」に

印刷

   国内で2014年に最も売れた新車は、ダイハツ工業の軽自動車「タント」だったと、日本自動車販売協会連合会などが15年1月8日に明らかにした。タントの首位は初めてで、軽自動車の首位はスズキ「ワゴンR」以来6年ぶりとなる。

   タントは13年10月に新型モデルを売り出し、14年は23万台強を販売した。税金や維持費が安い軽自動車の人気が高まっていることが背景にあるという。トップ10のうち、軽自動車が7も占めている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中