2019年 2月 23日 (土)

ピース又吉効果 文芸誌「文学界」が異例の増刷

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   文藝春秋は2015年1月8日、文芸誌「文学界」2月号(7日発売)の増刷を発表した。お笑いコンビ「ピース」の又吉直樹さん(34)が初の純文学小説を発表したことが話題を呼んだためで、報道によれば1933年の創刊以来初の増刷だという。

   又吉さんの作品「火花」は、若手芸人「僕」を主人公に先輩芸人の輝きと挫折を描いていた原稿用紙230枚の中編小説。初版は1万部だったが、ネット書店アマゾンでは発売前から予約で品切れとなるなど大きな注目を集め、7000部の増刷を決めた。「文学界」公式ツイッターによれば、1月20日ごろから店頭に並ぶという。

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中