2019年 12月 8日 (日)

「マイナーすぎる」「恋愛ドラマかと」・・・ NHK大河「花燃ゆ」さらに視聴率ダウン

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   NHKの新しい大河ドラマ「花燃ゆ」は、初回の視聴率が歴代ワースト3となって話題を呼んだ。2回目は、さらに視聴率が下がっており、今や1ケタ台もささやかれるほどだというのだ。

   「花燃ゆ」については、発表当時から疑問や心配の声が数多く上がっていた。主人公が、明治維新の精神的指導者だった吉田松陰ではなく、その妹の文(ふみ)という一般には馴染みのない人物だったからだ。

16.7%、13.4%と下がり、1ケタ台も噂に

次回を紹介する公式サイト
次回を紹介する公式サイト

   NHKでは、そうしたネックを解消したいと考えたのか、「幕末男子の育て方」といったキャッチフレーズで番宣を大量に流し、ドラマでは「イケメン俳優」も数多く起用した。

   ところが、ふたを開けてみると、2015年1月4日の初回の視聴率は16.7%と、過去15年間においても最低に落ち込んだ。これは、54回を数える大河ドラマ史上で、「春日局」(1989年)の14.3%、「花神」(1977年)の16.5%に次ぐワースト記録でもある。

   さらに、11日放送の第2話では、女優の井上真央さん(28)がヒロインの妹役として顔を見せたものの、番組の視聴率は、3.3ポイント落として13.4%にまで下がった。

   平均視聴率で過去ワースト1の12.0%を記録した12年の「平清盛」でさえ、初回から1か月は17%台をキープしている。しかし、今回の「花燃ゆ」は、それも上回れないレベルでのスタートとなってしまった。

   「花燃ゆ」について、ネット上では、「ドラマとしてはよくできてた」などと評価する向きもあったが、その内容について手厳しい声は多い。

「題材があまりにもマイナーすぎる・・・」「恋愛ドラマかと思った」「普通に吉田松陰主人公にすればええやん」

   安倍晋三首相の地元・山口県が舞台になっているため、NHKがその意向に合う女性主人公にした結果なのでは、といううがった見方もあった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中