2018年 9月 19日 (水)

フランシスコ法王「表現の自由にも限度」 物議の「風刺画」に言及

印刷

   ローマ法王のフランシスコ法王は2015年1月15日、フランスで起きた連続銃撃テロ事件について厳しく非難した。一方で、フランスの週刊誌がイスラム教の預言者ムハンマドの風刺画を掲載したことについて、「他者の信仰を侮辱してはならない」とし、表現の自由にも限度があるとの考えを示した。

   訪問先のフィリピンへ向かう機中で、同行する記者団の取材にこたえたという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中