サッカーアジア杯で審判批判 本田に罰金処分

印刷

   サッカー日本代表の本田圭佑選手が、アジアサッカー連盟(AFC)から5000ドル(約58万円)の罰金を科された。AFCが2015年1月19日付の公式サイトで伝えている。

   本田選手は、1月12日に行われたアジアカップ1次リーグ初戦の日本-パレスチナ戦終了後、取材を受けるミックスゾーンで報道陣に対し、主審の判定について「バスケットボールの審判のようだった」と批判するような発言をした。これがAFCの規律違反となったようだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中