2019年 9月 20日 (金)

アンジェリーナ・ジョリー「反日映画」の真相 旧日本軍看守の「虐待シーン」は強烈だが...

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   米女優アンジェリーナ・ジョリーさんが監督を務めた映画に反日的な内容が含まれているとして、制作時から国内の一部メディアやインターネット上で取り上げられた。米国などで封切られた後も、日本では上映されていない。

   だが、実際に作品を見た評論家は「反日がメーンの映画ではない」と主張している。

「本当に強い男は敵を許す」がテーマ

全米ではクリスマスに公開された
全米ではクリスマスに公開された

   ジョリーさんの初監督映画「アンブロークン」は、2014年12月25日に全米で公開された。1936年のベルリン五輪の陸上5000メートルに出場し、太平洋戦争で日本軍の捕虜となったルイス・ザンペリーニ氏の半生を描いた作品だ。「反日的」とされるのは、同氏が捕虜収容所で過ごした間、看守を務めた日本兵に執ような虐待を受ける場面が克明に描かれているためとみられる。

   宣伝用の映像を見ると、日本人ミュージシャンで、昨年末の紅白歌合戦でSMAPと共演したMIYAVIさん演じる看守「ワタナベ」が、ザンペリーニ氏役の男優をいたぶるシーンは少なくない。「俺を見ろ」と命じておいて実際に見ると顔面を殴りつける、竹刀で殴打する、大勢の捕虜たちを1列に並ばせ、ひとりひとりに同氏の顔をパンチさせる。果ては炭坑での過酷な労働を強いる。「血も涙もない日本兵」の印象が色濃い。

   ただ、全編にわたって「旧日本軍の悪事を暴いた映画」というテイストかと言えば、そうとは言い切れなさそうだ。映画評論家の町山智浩氏が2015年1月13日放送のラジオ番組「たまむすび」(TBSラジオ)で、作品について語った。タイトルの「アンブロークン」は日本語で「不屈」を意味し、どんなにつらい状況に置かれても決してくじけなかったザンペリーニ氏の強じんな精神力が主題だという。実際に映画では、悪童だった幼少期、走ることに喜びを見いだしてから五輪ランナーに成長していく姿、戦時中に搭乗した爆撃機がトラブルで海中に墜落し、47日間の漂流を経て生き残ったという、不屈を連想させるシーンが物語の重要な要素となっている。

   看守による虐待シーンは強烈だが、「日本が悪いというだけの映画ではない」と町山氏。例えば東京大空襲で、日本の多くの民間人が苦しむ様子も描かれている。最後はザンペリーニ氏が、1998年の長野冬季五輪で聖火ランナーを務めた映像も盛り込まれたと説明。「反日」一色の映画なら、こうした場面など出てこないというわけだ。そのうえで「本当に強い男は敵を許すというのが、この映画のテーマ」と評した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中