大相撲人気復活 18年ぶりに15日間「満員御礼」へ

印刷

   東京・両国国技館で行われている大相撲初場所が、15日間すべて「満員御礼」となることが確実となった。日本大相撲協会のウェブサイトでは2015年1月23日時点で、25日の千秋楽までの前売り券が完売となっている。初日から大入り続きなこともあり、残り3日間の当日券も売り切れとなることが予想されるためだ。

   東京開催場所で1場所15日間すべて満員御礼となれば、若乃花・貴乃花兄弟が人気を集め「若・貴フィーバー」にわいた1997年の初場所以来、18年ぶりとなる。

   今場所は12日目まで、横綱・白鵬が、歴代最多となる33回目の優勝をかけて全勝で単独トップを走る。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中